カテゴリーアーカイブ 感情

投稿者:貴喜

感情が〇〇を傷つける

ある感情が何ヶ月も何年も積み重なると、普通それを発する肉体が異常を起こします。

笑いすぎたらお腹が痛くなる。
怒りすぎたら血圧が上がる。
落ち込みすぎたら鬱になる。
悲しみすぎたら・・・運が落ちる・・。

ざっとあげただけでもイメージは湧くでしょう?肉体がダメージを受けたり、運がダメージを受けたり。。その人に関わる何かいずれかに支障を来す。

けれどそれって肉体だけなの?運だけなの?肉体や運にダメージを来すのなら?心とからだは一心同体なのだから。霊魂、霊体だってダメージを受けるのは当たり前の話です。時には本人以外にもそれは届くでしょう。

人は色んな感情を発するけれど、一つの感情を長く発することには弊害があります。
それが続くと、何かがおかしくなってくる。病気を呼びよせることもあるし、時には周囲を巻き込んで不幸の原因・起点となることもあります。

投稿者:貴喜

感情の種類はたくさんあるから・・・

私は化粧品鑑定や相性の良い物品、人、行動、他様々な選択を鑑定でお調べしますから、対人面においての感情についてもどういうアプローチが良いかをアドバイスすることがあります。

感情というのは怒りや悲しみ、喜び、驚きなどたくさんあります。ですから、そういうたくさんの種類を定点チェックするだけでもどのようなタイプの人なのかは傾向としてつかめます。いつも怒ってる人だなあ。今喜んでいるのだな。おや?なんだか心配事があるのか・・。などなど。

そんな時にいつも特定の感情を発し続けている人というのは人として幅がないとも言えるし達観しているのかもとも言えるのですが、問題なのは憎しみを常に発し続けている人です。一般的にはそれが一見わからないかもしれません。表情に出していなかったり、行動をセーブしている人ならば外観からはわからないでしょう?

けれど私の霊視&フリハ調査はそのような事も調査します。霊障が絡んでくる場合はまあ普通にあるパターンです。感情絡みのもので拗れている場合は放っておいても引っ越しても原因をわからずお祓いしても意味がないことがありますから。

投稿者:貴喜

感情を発しまくる生き物、ヒト。

人は喜怒哀楽を発する仕組みを基本的に持っていますので、色々な日常生活においてそのような感情・思念を発しています。

それは普通一般にはそれとして見えることはないでしょうから、人であればその仕草や表情、行動によって推し量る事ができます。

わかりますね?

観劇を見て笑ったり感動したり泣いたり。

不幸があれば悲しんだり落ち込んだり

恩を仇で返されたら怒ったり肉親だり

そういうことを生きている間はずっと繰り返し繰り返しして生きています。

けれどその感情が問題になって様々な因縁や因果、苦しみやその輪廻に陥っているケースを散見します。

それは鑑定においてだけでなく、一般的にもそれは普遍のテーマになっているのではないでしょうか。

そういう仕組みがわかってしまうと、色々とわからなかったことがパズルを組み合わせるようにわかって来る事があります。

当所の鑑定はまずは霊視とフリハで行いますが、やはり深いものになればなるほどそのような問題が起点となっている場合があります。このyakonではちょっぴりdeepにその分野のお話をしていきたいな・・・と思っています。

error: Content is protected !!